世界最高峰のゲイブ・ハラミロのテニスマニュアル

1球で結果が変わる桑田 泉の「今すぐパット数を激減させる」4分間のレッスン動画をまるごと無料プレゼント

  • 桑田泉のクォーター理論基本編
  • 桑田泉のクォーター理論基本編
  • 桑田泉のクォーター理論基本編
  • 桑田泉のクォーター理論基本編
  • 桑田泉のクォーター理論基本編

logo

From  リアルスタイル 桑田 泉プロDVD事務局より

 

深いラフからのアプローチショット


PAR4のミドルホール。

ドライバーでフェアウェイキープ、
2打目のアイアンでピンまで残り10ヤードにつけた。

しかし、残りの距離は近いが
ボールは深いラフに入ってしまっている。

花道であれば、パターで寄せることも可能だが、
ラフに入っていてはパターも使えない。

アプローチショットをするにしても
芝の抵抗を受ける可能性が高く、コントロールすることが難しい。

「せっかく2打目でグリーン周りにつけたんだから
 このアプローチで近づけて、パーで上がりたい」

「でも、この深いラフから思い通りに寄せられるだろうか…」

このような状況で役に立つショットが
クォーター理論の「パットアプローチ」です。

このパットアプローチという打ち方は
クラブの「抜け」が抜群に良くなります。

嫌なラフからでも高い確率で
寄せられることが可能になりますし、

花道などのライが良い状態であれば、
より高い確率で思い通りに寄せることができます。

このパットアプローチを使えば、
グリーン周りからのショットの精度が大きく上がり、
今まで以上に自信をもってアプローチが打てるようになることでしょう。

パットアプローチの解説動画はコチラ↓

桑田泉のクォーター理論 ダイジェスト編

bana

桑田泉のクォーター理論基本編お申し込み